年中行事

専長寺の年中行事ご案内

1月 1日(元旦)
修正会 (しゅしょうえ)
7:00 ~

仏教寺院にて毎年1月に行われる法会であり、新年最初の勤行です。
1月 16日
御正忌 (ごしょうき)
7:00 ~

宗祖・親鸞聖人祥月御命日の勤行です。
6月 20日
永代祠堂経 (えいたいしどうきょう)
日中 9:30 ~ 逮夜 13:00 ~

当山門信徒物故者総永代経法要です。
永代供養と混同されがちですが、浄土真宗は「故人は阿弥陀如来の本願力によって速やかに浄土往生する」という教えですから、遺族が故人に追善供養を行う習慣はありません。今後、永代に渡って真宗の御法を受け継いでいく為のお勤めであり、より多くの人が御法を聞く機会としてお勤めします。御講師(本派布教使)より御法話を聴聞します。
昼食を用意しております。併せて「永代経懇志」を募っておりますので、ご協力をお願いいたします。
9月 (彼岸頃)
分骨納骨法要 (ぶんこつのうこつほうよう)
15:00 ~ 

当山へ年間に分骨をお預けされた方々をお招きした勤行です。御預した分骨を、本堂裏納骨堂へ納めます。該当する方へ、事前に日時の案内を送付いたします。
10月 20日
報恩講 (ほうおんこう)
日中 9:30 ~ 逮夜 13:00 ~

宗祖・親鸞聖人の御命日法要という、真宗寺院では特に重要な行事です。聖人の在りし日の御苦労と御遺徳を偲びつつ、報恩謝徳の為に営まれる法要です。御講師(本派布教使)より御法話を聴聞します。併せて、報恩講懇志のご協力をお願いいたします。
昼食を用意しております。在家報恩講スケジュールを掲示しますので、お住まいの地域の日時確認をお願いいたします。
10月下旬
   ~ 12月下旬
在家報恩講 (ざいけほうおんこう)

当山報恩講を皮切りに、各地の御門徒宅お内仏にて報恩講を順次勤行してまわります。
何かとお忙しい昨今ですが、より多くの御宅にお迎えいただきますよう願っております。1年間の万雑(維持費)等のご協力をお願いいたします。
12月 31日(大晦日)
除夜会 (じょやえ)
15:00 ~ 除夜の鐘(じょやのかね)23:30 ~

年間最終の勤行です。夜には鐘楼堂で除夜の鐘を撞きます。300年を経た歴史ある鐘の音をお楽しみください。雪のちらつく寒い時期ですので、温かくしてご来寺ください。